血糖値測定方法の原理ってどんなものがあるの?

色紙

糖尿病、膵炎、肝硬変の予防をするために重要な指標となる血糖値。
病院で定期的に検査されている方もいれば、各種メーカーから販売されている血糖値測定器を利用して定期的に計測されている方もいらっしゃるかと思います。

今回はこの血糖値の測定方法の原理を紹介したいと思います。
血糖値の測定方法は大きく分けると、比色法と電極法という2つの方法があるようです。

まず比色法とは、特殊な試験紙に血液を付着し、試験紙の色の変化によって血糖量を測る方法のことです。
もう少し詳細に解説すると、比色法は血液を特定の酵素と反応させた後、反応物を試験紙に色で表示します。

血液と反応させる酵素の種類によっては色の変化があるため、その違いによって比色法もいくつかの種類に分類することができ、例えばヘキソキナーゼ法(HX法)、クルコースオキシダーゼ/ベルオキシダーゼ法(GOD法/POD法)等があるようです。
比色法を採用するメリットは、厳密な数値こそ機械で解析する必要はありますが、目視による測定が可能なのでとてもわかりやすいという利点があります。

ちなみにかなり昔(1800年代)からある手法で、血糖値の測定に採用されたのが1960年代、当時開発された小型の簡易血糖値測定器(といっても当時の小型は靴箱ほどのサイズなのでかなり大きい)からでした。

次に電極法とは、血液に電気を流して電気が流れる量で血糖量を測る方法のことです。
もう少し詳細に解説すると、電極法はまず血中の糖分と酵素を反応させます(ここまでは比色法と同じです)。
それから、反応物に電圧をかけた上で流れる電流を計測します。
この電流の量によって血糖値を測定します。

比色法と同じく、血液と反応させる酵素によっていくつかの種類に分類することができ、例えば、グルコースオキシダーゼ法(GOD法)、グルコースデヒドロゲナーゼ法(GDH法)等があるようです。
電極法を採用するメリットは、電極法を採用した血糖値測定器の操作が簡単なことと、測定までの時間がかなり短いことが挙げられます。

また、比色法と違って、電極法が実用化されたのは1990年代に入ってからとかなり新しい手法のようです。
開発が進んだ結果、比色法でも短時間で測定できるようになりましたし、電極法で利用する電気も少量で済むようになったことから、比色法と電極法のどちらが優れているか優劣がつけがたいようです。
いかがでしたか?血糖値測定の手法を知ることで今後の血糖値測定に役立てれば幸いです。

本来であれば血糖値測定器のお世話にならないような生活習慣を確立することが大切です。

転ばぬ先の杖、予め血糖値対策を知っておいても損はないでしょう。
血糖値を下げる方法まとめ
血糖値をコントロールする方法29