糖尿病の症状と原因

tounyou

糖尿病という名前は有名です。
しかし糖尿病という病気が原因で死亡した、という話は聞いたことはないと思います。しかし糖尿病にならないように食生活や生活習慣に気を使う人は多いです。

では糖尿病になると何が怖いのでしょうか?それは合併症にを引き起こす、という事です。
まず糖尿病は自覚症状がなく本人の自覚がないうちに進行してしまいます。そして進行していくうち、血糖値が上昇していくのですが高い状態がずっと続くことによって血管に障害が起き、様々な合併症が引き起こされてしまいます。その中で多く引き起こされる合併症としては腎症、末梢神経障害、網膜症などがあります。他にも有名な病気ですと肺炎や肺結核、脳梗塞や心筋梗塞などどれも死につながるような病気が多い事が分かると思います。

先程本人の自覚のないうちに進行してしまう病だと述べましたが全く症状が出ないわけではありません。

  • 異常に喉が渇く
  • 空腹感が強く以前に比べて食欲旺盛である
  • たくさん食べているのに痩せる
  • トイレが近く、しかし尿の量が多い
  • だるさや疲れやすさが目立つ
  • 手足がしびれる、足がつる

このような症状があると糖尿病を疑ったほうがよいとされています。しかし早期発見、という意味では難しくこれらの症状が出る頃にはかなり糖尿病の症状が進行してしまっている事が殆どです。
早期発見という点では自己で発見する事はとても困難であるため、定期的に健康診断を受診し血糖値や尿糖などの項目をチェックしてください。

では何が原因で糖尿病は引き起こされるのでしょうか?
糖尿病患者の殆どが2型糖尿病といわれる分類をされます。この2型と呼ばれる糖尿病の原因は主にストレス、肥満、運動不足や暴飲暴食などの生活習慣の乱れです。
特に糖尿病治療の基本ともいわれる食事に関しては効果的とされていますので糖尿病でない方も予防という意味として食事の見直しは効果があります。
どの食品をとればいいか、何を食べてはいけないのかというわけではなくバランスのよい食事が大切ですので肉や魚、野菜など様々な食べ物をバランスよく食べるよう心がけるようにして下さい。

キヌアが血糖値に良いらしい

knua
最近スーパーでよく売られている「キヌア」という穀物。
お店で見たことはあってもなんとなく通りすぎるだけ、という人も
多いのでは。
キヌアはダイエット中の人や糖尿病の人に向いている食材ですが、
それは血糖値の上昇を抑えるからです。

これからキヌアと血糖値の関係について、確認していきましょう。

■そもそも血糖値とは?

血糖値とは血液中に含まれるブドウ糖の量のこと。
血糖値は糖質(主に炭水化物であるご飯)を摂るたびに上がりますが、
その都度すい蔵から分泌されるインスリンのお陰で、血糖が体中の血液に取り込まれて
エネルギーに変わります。ですが、糖尿病の人はインスリンの働きが弱く、
血糖を上手く全身に取り込めません。すると高血糖値が維持され、全身の血管が
障害を受け続け、結果、様々な合併症が引き起こされてしまうのです。
また糖尿病の人以外でも、エネルギーとして使いきらなかった糖質は脂肪として蓄えられてしまうため、
ダイエット中の人には炭水化物は要注意です。

■キヌアは白米よりも血糖値を下げる

血糖値が上がり過ぎたり上がったままになってしまうと、健康面でも美容面でも
よくないことは上の内容でおわかりいただけたかと思います。
ここでなぜキヌアがオススメなのかというと、キヌアの糖質は白米の4分の3程度と
されており、さらにキヌアは白米に比べて栄養が高く、血糖値の上昇をゆるやかにするからです。
食物繊維は白米の10倍程度で、タンパク質やその他のミネラルも白米の倍以上もあります。
それらの栄養によって血糖値の上昇はゆるやかになるため、ダイエットに最適な食材といえるのです。

■美味しくて普段の食事に取り入れやすい

どんなに体に良い食材でも、味がよくなかったり手がかかるものだと続けるのが億劫になるものです。
その点ではキヌアは心配いりません。
香ばしい香りとプチプチした食感で、ざっと洗ってお米にまぜて炊くだけでOK!
そうするとまるで麦ごはんを食べているような感覚になります。
サラダにのせたり、カレーやシチューに混ぜるなど、特別な手間が
かからずに自然と普段の食事に取り入れることができます。

いかがでしょうか。
忙しかったり食べることが大好きな人だとなかなか頭が回らない血糖値の問題。
3食バランスよく食べたり程よい運動をすることはもちろん大切ですが、
まずは簡単な取り組みとして、普段の食事にキヌアを取り入れることをオススメします!

糖尿病は薬以外でも治った人がいます

suisosui

糖尿病といいますと厄介な病気の一つだとは思いますがたいていの人が血糖値が高くなり、
病院で初めて糖尿病と診断されまして薬やインシュリン投与がよぎなくなされているわけですが、
私の知人にはこんな人がいました。もちろんその方も最初は血糖値が基準より高くなりまして、
糖尿病ということになったのですがγGTPもかなりあったらしく、何年も悩んで治療している間に壊疽状態にまでなってしまい、
病院からは片足を切断しなければならないという状態にまでなられてしまったんです。

なんとも悲しい状態では
あるのですが、そんなときにある人が水素水をその方に紹介したのですが、この糖尿の方に、
水素水を毎日6リットル飲んでごらんと言われて、その方も藁にもすがる気持ちで真剣に6リットル2か月間飲み続けられたんです。
するとどうでしょう、普通γGTPの数値を下げるためならば、食事制限を病院でやりますが、この程度では簡単に下がるような数値ではありません。
その方も当然病院では食事制限があっていたのですが、水の制限はありませんでしたから、毎日6リットル水素水を飲めたんですね。
今でその方は切断する予定の右足は切断する必要がなくなりまして、γGTPの数値も標準状態となっているんです。

水素水といいますのは、活性酸素所去する作用があると言われていますが、よく考えてみますと、あらゆる病気の根源は活性酸素にあるともいわれている時代ですから、
この水素水が効果をもたらしたんだとは思いますが、糖尿患者であるご本人がよく2カ月間毎日6リットルも飲み続けたと感心してしまいます。

現代はか化学の時代で化学薬品なるものが毎日のごとく製造されている中、
水によって糖尿病が回復するということがあるわけですから、化学前進も素晴らしいですが、
私たち人間の周りには人間の不健康を健康へと向かわせるものは他にもたくさんあるに違いないと感じています。
私たち人間は自然のものをうまく研究して、改良することをもっともっと進歩させるべきだと思いました。

血糖値測定方法の原理ってどんなものがあるの?

色紙

糖尿病、膵炎、肝硬変の予防をするために重要な指標となる血糖値。
病院で定期的に検査されている方もいれば、各種メーカーから販売されている血糖値測定器を利用して定期的に計測されている方もいらっしゃるかと思います。

今回はこの血糖値の測定方法の原理を紹介したいと思います。
血糖値の測定方法は大きく分けると、比色法と電極法という2つの方法があるようです。

まず比色法とは、特殊な試験紙に血液を付着し、試験紙の色の変化によって血糖量を測る方法のことです。
もう少し詳細に解説すると、比色法は血液を特定の酵素と反応させた後、反応物を試験紙に色で表示します。

血液と反応させる酵素の種類によっては色の変化があるため、その違いによって比色法もいくつかの種類に分類することができ、例えばヘキソキナーゼ法(HX法)、クルコースオキシダーゼ/ベルオキシダーゼ法(GOD法/POD法)等があるようです。
比色法を採用するメリットは、厳密な数値こそ機械で解析する必要はありますが、目視による測定が可能なのでとてもわかりやすいという利点があります。

ちなみにかなり昔(1800年代)からある手法で、血糖値の測定に採用されたのが1960年代、当時開発された小型の簡易血糖値測定器(といっても当時の小型は靴箱ほどのサイズなのでかなり大きい)からでした。

次に電極法とは、血液に電気を流して電気が流れる量で血糖量を測る方法のことです。
もう少し詳細に解説すると、電極法はまず血中の糖分と酵素を反応させます(ここまでは比色法と同じです)。
それから、反応物に電圧をかけた上で流れる電流を計測します。
この電流の量によって血糖値を測定します。

比色法と同じく、血液と反応させる酵素によっていくつかの種類に分類することができ、例えば、グルコースオキシダーゼ法(GOD法)、グルコースデヒドロゲナーゼ法(GDH法)等があるようです。
電極法を採用するメリットは、電極法を採用した血糖値測定器の操作が簡単なことと、測定までの時間がかなり短いことが挙げられます。

また、比色法と違って、電極法が実用化されたのは1990年代に入ってからとかなり新しい手法のようです。
開発が進んだ結果、比色法でも短時間で測定できるようになりましたし、電極法で利用する電気も少量で済むようになったことから、比色法と電極法のどちらが優れているか優劣がつけがたいようです。
いかがでしたか?血糖値測定の手法を知ることで今後の血糖値測定に役立てれば幸いです。

本来であれば血糖値測定器のお世話にならないような生活習慣を確立することが大切です。

転ばぬ先の杖、予め血糖値対策を知っておいても損はないでしょう。

気をつけて!血糖値の誤差

看護師

肝臓ガン、糖尿病といった病気へ大きく影響する血糖値。
予防のために定期的に血糖値測定器で血糖値を測定されている方もいらっしゃるかと思います。

ところで、血糖値測定器で血糖値を計測すると、病院で測定した結果と異なる結果が出る場合があることをご存知でしょうか?
こういった誤差は、血糖値測定器の故障によるものや、別の原因によるものがあります。
ここでは血糖値測定器で想定すべき誤差と誤差の原因の究明方法について紹介したいと思います。

血糖値測定器で測定するとどのくらいの誤差が想定されるのか、この誤差基準は2003年に発行された国際規格である「ISO 15197」という国際基準で判定されます。
全ての血糖値測定器の測定基準はこの基準に準拠しています。

「ISO 15197」では「血糖値75 mg/dl未満では±15mg/dl、血糖値75mg/dl以上では± 20% 以内に測定値の95%以上が入っていること」とされています。
つまり、血糖値が100前後であれば20mg/dl、200前後であれば40mg/dl程度の誤差が出るということになります。

血糖値測定器の故障はともかくとして、機械で測定しているにもかかわらずどうして誤差が出てしまうのでしょうか。
理由はいくつかあるのですが、理由の1つとして同時に計測していないためということがあげられます。

というのも、人間の体内の血糖値は時間の経過とともに変化します。
途中で食事をしない場合でも、病院から自宅へ帰宅する場合でも、その時間で血糖値は変化します。

さらに、医療機関で利用されている血糖値測定器は通常、静脈の血糖値を測定するのに対して、自己計測では動脈、あるいは毛細血管の血糖値を測定します。
これも病院と家庭で数値がずれてしまう要因になります。

その他としては、血液とは異なる他の体液が混合してしまったりすること、食後は誤差が出やすいこともあります。
当然ですが、こういったケースだと測定結果が正しくありません。

ある程度の誤差はメーカー側も織り込んで開発しているため、血糖値測定器自体に原因があると思われがちですが、上記のように原因の大半は血糖値測定方法にあるようです。

なるべく誤差を出さないような状態で血糖値測定器を利用し、血糖値コントロールに役立てていきたいですね。