糖尿病の症状と原因

tounyou

糖尿病という名前は有名です。
しかし糖尿病という病気が原因で死亡した、という話は聞いたことはないと思います。しかし糖尿病にならないように食生活や生活習慣に気を使う人は多いです。

では糖尿病になると何が怖いのでしょうか?それは合併症にを引き起こす、という事です。
まず糖尿病は自覚症状がなく本人の自覚がないうちに進行してしまいます。そして進行していくうち、血糖値が上昇していくのですが高い状態がずっと続くことによって血管に障害が起き、様々な合併症が引き起こされてしまいます。その中で多く引き起こされる合併症としては腎症、末梢神経障害、網膜症などがあります。他にも有名な病気ですと肺炎や肺結核、脳梗塞や心筋梗塞などどれも死につながるような病気が多い事が分かると思います。

先程本人の自覚のないうちに進行してしまう病だと述べましたが全く症状が出ないわけではありません。

  • 異常に喉が渇く
  • 空腹感が強く以前に比べて食欲旺盛である
  • たくさん食べているのに痩せる
  • トイレが近く、しかし尿の量が多い
  • だるさや疲れやすさが目立つ
  • 手足がしびれる、足がつる

このような症状があると糖尿病を疑ったほうがよいとされています。しかし早期発見、という意味では難しくこれらの症状が出る頃にはかなり糖尿病の症状が進行してしまっている事が殆どです。
早期発見という点では自己で発見する事はとても困難であるため、定期的に健康診断を受診し血糖値や尿糖などの項目をチェックしてください。

では何が原因で糖尿病は引き起こされるのでしょうか?
糖尿病患者の殆どが2型糖尿病といわれる分類をされます。この2型と呼ばれる糖尿病の原因は主にストレス、肥満、運動不足や暴飲暴食などの生活習慣の乱れです。
特に糖尿病治療の基本ともいわれる食事に関しては効果的とされていますので糖尿病でない方も予防という意味として食事の見直しは効果があります。
どの食品をとればいいか、何を食べてはいけないのかというわけではなくバランスのよい食事が大切ですので肉や魚、野菜など様々な食べ物をバランスよく食べるよう心がけるようにして下さい。